2018年05月01日

姫路工業大学発祥の地

近所に姫路工業大学発祥の地が有ります。神戸市長田区に何故、姫路?不思議に思い少し調べて見ました。

「姫路工業大学は, 太平洋戦争末期の 1944(昭和19)年に「兵庫県立高等工業学校」として創設され, 戦後 1946(昭和21)年に 姫路市に移転, 1949(昭和24)年「姫路工業大学」となった。
2004(平成16)年 神戸商科大学・兵庫県立看護大学と統合し「兵庫県立大学」となったが, 現在も(在校生が卒業するまで) 「姫路工業大学」として存続している。」

姫路工業大学発祥の地a

姫路工業大学発祥の地b



姫路工業大学発祥の地
〒653-0851 兵庫県神戸市長田区五位ノ池町2丁目-1-13 


神戸市長田区で住宅、マンションリフォームをする時には、
リフォーム神戸技術センターラピス

困った時にちょっとした事でも
便利屋ラピス神戸



posted by Lapiz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸市観光

2017年10月23日

多井畑厄除八幡宮2017-10-23

多井畑厄除八幡宮に厄除けのお参りへ行って来ました。

多井畑厄除八幡宮-厄除け2017a

多井畑厄除八幡宮-厄除け2017a

多井畑厄除八幡宮-厄除け2017a


無病息災を願って来ました。皆様もお身体お労り下さい。


多井畑厄除八幡宮
〒654-0133 兵庫県神戸市須磨区多井畑字宮ノ脇一番地


無病息災、リフォームをする時には、
リフォーム神戸技術センターラピス

困った時にちょっとした事でも
便利屋ラピス神戸


posted by Lapiz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸市観光

2017年10月20日

黄昏時のメリケンパーク

黄昏時のメリケンパークへ行って来ました。
メリケンパークも長い間工事をしていて
綺麗にリニュアルしていました。

メリケンパーク2017a

お洒落なカフェ?


メリケンパーク2017b

メリケンパーク2017f

スタバでカフェタイムです。


メリケンパーク2017c

最近人気のインスタスポットのBE KOBE


メリケンパーク2017d

メリケンパーク2017e

神戸のお気に入りスポットです。



メリケンパーク
〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町2−2

美しいカフェのリフォームをする時には、
リフォーム神戸技術センターラピス

困った時にちょっとした事でも
便利屋ラピス神戸


posted by Lapiz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸市観光

2017年05月04日

太山寺

太山寺 安養院庭園

太山寺2017a

太山寺2017b

太山寺2017c

太山寺2017d


太山寺 三重塔

太山寺2017e

太山寺2017f


太山寺 本堂

太山寺2017g

太山寺2017h

太山寺2017i

太山寺2017j


神戸市の建造物で唯一の国宝です。



太山寺
〒651-2108 兵庫県神戸市西区伊川谷町前開224


いつまでも長持ちリフォームをする時には、
リフォーム神戸技術センターラピス

困った時にちょっとした事でも
便利屋ラピス神戸


posted by Lapiz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸市観光

2017年05月03日

箱木家住宅 神戸市北区

以前から行きたいと思っていた。箱木家住宅に行って来ました。
通称「箱木千年家」と言い日本最古級の民家です。
向かって右の住宅が、室町時代、
左の住宅が、江戸時代中期、に建築

箱木家住宅a



母屋(室町時代)

箱木家住宅b

箱木家住宅c

箱木家住宅d

箱木家住宅e



離れ(江戸時代中期)

箱木家住宅f

箱木家住宅g

箱木家住宅h

箱木家住宅i



箱木家住宅j

箱木家住宅k

箱木家住宅l

この時代から素材等は進化しているけど、
建築の基本は変わって居ない事が良くわかりました。

箱木家住宅m


箱木家住宅n

箱木家住宅o

箱木家住宅
住所:神戸市北区山田町衝原字道南1-4
TEL:078-581-1740 箱木家 五十二代当主 箱 木 眞 人 氏
開館時間:9:00〜18:00(冬季は17:00まで)
休館日 - 12月31日と 1月1日
駐車場:有り
入館料:300円



いつまでも長持ちするリフォームは、
リフォーム神戸技術センターラピス

困った時にちょっとした事でも
便利屋ラピス神戸
posted by Lapiz at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸市観光