2009年05月25日

お引越し

母猫が茶寅猫2匹連れて何処かに行ってしまいました。

黒猫1匹残して、

可哀想に思い夜中、コンビにでキャットフードを買って少し出してあげました。

するとしばらくすると親猫が現れちゃっかり食べて黒猫、残し又何処かへ行ってしまうのです。

黒猫は、後を追うとするのですが、ベランダの囲いが有り出れないのです。

しかたないので、又キャットフードを小出しにして出すと又親猫が戻ってきます。

そんな事を何度か繰り返し、今やっと黒猫をベランダの外へ連れ出す事が出来ました。

後をそっと見ると何度も後ろを振り返りながら、親子共々去っていきました。

後を追うと近くの草の茂った草むらに引越しの様でした。

親猫の愛情を感じる5日間でした。
posted by Lapiz at 06:17| Comment(2) | TrackBack(1) | リフォーム神戸
この記事へのコメント
心温まる話でしたね。私も釣りが趣味でよく林崎漁港に夜釣りに行くのですが、いつの間にか少し離れた所に背中を向けた猫がいます。放流サイズをゲットしたら放り投げてやります。必死に食べてるのを見るとこちらも真剣になります。いつの間にか猫の為にと思ったものです。最近は行ってないので、この記事を読んで少し気になりました。
Posted by ラピス友の会明石支部長 at 2009年06月09日 23:25
ラピス友の会明石支部長さんコメントありがとう御座います。
猫が特別好きと言う事は、無かったのですが、夢中に成りました。
Posted by Lapiz at 2009年06月09日 23:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29359160
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

やっぱり猫が好き???
Excerpt: 猫好き・・・。本当はキライ。さあ、どっちでしょう。
Weblog: やっぱり猫が好き???
Tracked: 2010-03-31 12:36