2018年06月05日

御坂のサイフォン (眼鏡橋)

志染の石室から4分程の場所に有る御坂のサイフォン (眼鏡橋)

御坂のサイフォン a

御坂のサイフォン b

御坂のサイフォン c

御坂のサイフォン d

手前が鉄筋コンクリート造、奥側が石造り


御坂のサイフォン e

要約すると川の水を、山を越え送る為の鋼管を通す橋です。
醤油チュルチュルの原理


御坂のサイフォン f

右側が当初の1891(明治24)年製の石積の橋で現在通行禁止に成っている
左側は1953(昭和28)年製の鉄筋コンクリート造で人は通れます。


御坂のサイフォン g

向こうの山に水を通す鋳鉄管が見えます。


御坂のサイフォン h

土木学会選奨土木遺産
イギリス人パーマー氏設計による日本初のサイフォン橋で、明治24年以来現在も淡河川疎水の一部として東播磨台地を潤している。


実は今回の三木市への訪問は、「志染の石室」を見る為でも
「御坂のサイフォン (眼鏡橋)」を見る為でも有りませんでした。

今は亡き母の里「志染」に小さな頃の夏、従弟の兄ちゃん姉ちゃんに連れられ、多分、この志染川に泳ぎに来たのだと思う
途中、大きい兄ちゃん姉ちゃんは丸太橋を渡るのだけど、小さい私は、は怖すぎて渡れ無い為、川底へ降りて回り道をしました。
まさか丸太橋が今の世の中、残っては居ないだろうけど、「沈下橋」と言う橋が有るって聞きました。「沈下橋」は普段、生活用橋で、増水した時には、川底に沈んでしまうのです。


御坂のサイフォン i

有りました。(「御坂のサイフォン(眼鏡橋)」から撮影)


御坂のサイフォン j

鉄筋コンクリート造の無骨な橋です。
多分もっと川上の方で泳いでいたのでしょう



御坂サイフォン橋
〒673-0516 兵庫県三木市志染町御坂205


神戸市でも三木市でも、リフォームをする時には、
リフォーム神戸技術センターラピス

困った時にちょっとした事でも
便利屋ラピス神戸



posted by Lapiz at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183637825
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック